妊娠線の予防

スポンサードサーチ

妊娠線の予防策

妊娠線は、普通のファッションならほとんど見えない部分に出来るものです。
そうは言っても、やはり体に妊娠線が出来てしまうのは、女性なら避けたいものでしょう。
妊娠線がふくらはぎや二の腕、太ももの裏側などに出来てしまったら、着れる洋服も限られてしまいます。
水着になるのも抵抗が出てくるでしょうし、スパに行くのも恥ずかしいかもしれません。
そのためには、妊娠線が出来ないようにケアをすることが必須なのですね。

 

だけど、妊娠中は普通の体の状態ではありません。
つわりや倦怠感がひどい場合には、体にクリームを塗るだけでも億劫に感じてしまうものです。
お腹が大きくなってくれば、体の自由が効かなくなり、動くことも億劫になります。
そうなると、手が届きにくい部位のケアはさらに面倒になってしまうでしょう。
心の中では、妊娠線のケアをしなくてはと思っていても、体が言うことを聞かなくなってしまうのです。

 

ですから、妊娠線の予防策は、自分の体の状態に合わせて出来るものをいくつか用意しておきましょう。
まず基本となるのは、お肌の乾燥を防ぐことなので、保湿クリームは欠かせません。
本来なら、お風呂上がりに塗るのが理想的ですが、だるくなって塗る気が起きないこともあるでしょう。
だから、タイミングはいつでもいいので、とにかく塗る気力がある時にはこまめに塗って保湿を心がけてください。

 

そして、体に負担をかけない程度の運動やマッサージも効果的です。
運動をすれば代謝がアップして、肌のターンオーバーが促進されます。
マッサージをすると、血流が良くなって肌細胞の再生が活性化され、肌の状態を健康に保ちます。

 

体調が悪くて動けないというときには、お腹を支えるガードルや妊婦帯を使いましょう。
こういったものでお腹を支えてあげれば、皮膚が伸びるのを抑えることが出来ます。
ただし、常につけるのは大変なので、これも体の状態に合わせてつけるだけで充分です。

 

本当は食事管理をしたり、体重をチェックして太らないようにすることも妊娠線の予防には必要です。
ただし、あまりにも神経質になってしまうと、それがストレスになるので、とにかく無理をしないようにケアしていきましょう。