妊娠線 消す

スポンサードサーチ

妊娠線ができたらどうする

せっかく頑張ってケアをしていたのに、ある日突然妊娠線が出来てしまうのは少ないことではありません。
特に、お腹が大きくなってくると、目が届かない部分が増えてしまいます。
そのため、ついケアをし忘れてしまう部位が出てきてしまいます。
また、体調によっては妊娠線のケアどころじゃないこともあるでしょう。
ですから、多くの方が妊娠線に悩んでいるのですね。

 

妊娠線は、できてしまったとしても、出産が終われば、赤みも落ち着いて肌の色に近くなっていきます。
断裂している部分の幅も狭くなるので、妊娠しているときよりも目立たなくなっていくのが一般的です。
ただし、一度裂けてしまったのですから、妊娠線が出来る前のもと通りの肌にすることは難しいものです。
最近は、レーザー治療によって細胞を活性化させたり、組織を収縮させて改善するという方法もあります。
それでも、完全に治すのは不可能です。

 

だけど、妊娠線が出来たらやっぱり消したいのが当たり前です。
そのために必要なのは、とにかく保湿を心がけることです。
妊娠線の部分は、他の皮膚と比べると極端に薄くなっています。
ですから、妊娠線の周りの部分を活性化させて、新しい肌細胞を生成することが大切です。
活性化させるためには、とにかく潤いがポイントになるので、顔のスキンケアと同じように保湿を心がけましょう。

 

それに、肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下して外部の刺激を受けやすくなります。
つまり、ダメージを受けてしまうため、肌の回復が遅くなってしまうのです。
肌が健康な状態でなくては、妊娠線を改善することは出来ません。
ですから、まずは肌の状態を保つために、保湿をしっかりすることが妊娠線改善の鍵になるのです。
また、保湿をすると肌のハリを取り戻すことが出来るので、妊娠線を目ただなくさせることが出来ます。
さらに、コラーゲンを積極的に摂ったり、新陳代謝を低下させないように腸内環境も整えると効果的です。
ビタミンやミネラルも美肌には欠かせない成分なので、フルーツや野菜をタップリ摂りましょう。

 

妊娠線を消す方法としてクリームはどう?

妊娠線ができてしまったら消すというのは難しいのです。消す方法として高価なクリームを利用するというのがありますが、これは保湿成分が高かったり、ターンオーバーのサイクルを促進させるように働きかけるもののようです。表皮の下、真皮層まで傷がついてしまった状態になるので、妊娠中からのケアがとても大切になります。真皮は保湿を保つ効果があるのですが、これを失ってしまうと修復するのが困難になってくるのです。兎に角、妊娠中から保湿をしっかり保ってあげることが重要で、そういった意味からもクリームとマッサージは重要になってきます。それでも個人差によってできてしまった妊娠線は、諦めることなくクリームやマッサージを行って根気よくケアを続けましょう。レーザー治療で治るということもあるようですが、反面、必ずしもということもあるようです。意識がそれだけ高いのであれば、根気よく今できることを長いスパンで考えて行っていくしかないようです。