産後 妊娠線

スポンサードサーチ

産後 肉割れ

女性は出産した後に下腹部や太ももの肉割れを見付ける事があります。

 

妊娠中はお腹が大きくなりますので、どうしても下腹部や太ももなどに肉割れが生じてしまうのですが、妊娠中はお腹が大きくなるために、この部分の肉割れに気付かない事があります。

 

主に妊娠中に生じてしまった肉割れを妊娠線と言いますが、産後の肉割れに気が付き、どうにかしてケアをしたいと思った場合には、まずお肌を柔らかくしてくれるようなクリームを使用していくと良いでしょう。

 

妊娠による肉割れは、妊娠中に大きくなったお腹について行けず、皮膚の表面が裂けてしまった状態ですので、綺麗に改善するまでには長い期間が必要になると言われています。

 

しかし諦めずにケアを継続していけば少しずつ目立たなくなると言われているので、根気強く、クリームなどを使用するようにしましょう。

 

また産後の肉割れが目立たないように、妊娠中からしっかりと肉割れをケアするためのクリームを使用するのも一つの手段になります。

 

近年ではドラッグストアやデパートのマタニティコーナーに、妊娠線を予防するためのアイテムなどが陳列されていますので、こうしたものを使用するのも良いですね。
また、産後などであれば乳房などにも表れてしまう事がありますが、これもやはり妊娠中に大きくなった乳腺により出来てしまうものだと言われています。

 

女性としては大きな悩みになってしまいますが、しっかりと赤ちゃんに母乳を飲ませている証になりますし、お母さんとして自慢出来るものだと思うようにしましょう。

肉割れ 妊娠線

これまでに妊娠の経験のある方は、妊娠によって皮膚に肉割れを起こしてしまい、いつまでも妊娠線が残っていると言う事があります。

 

多くの経産婦さんの場合には、妊娠線が残っているのですが、この妊娠線に対し、さほど気にしない人もいれば、非常に気になると言う人もいますよね。

 

妊娠前までは目立たなかったものですので、やはり妊娠する事によって肉割れが生じ、妊娠線が残ってしまうのは悩みになってしまいます。

 

しかし近年ではこうした肉割れによる妊娠線が残らないようにするためのクリームなどが販売されていますので、妊娠が確認された段階から使用していくと良いでしょう。

 

また、妊娠線と肉割れを違うものだと考えている人もいるようですが、基本的には肉割れと妊娠線は同じものになり、妊娠線に関しては妊娠してお腹が大きくなった事や、今までよりも体全体に脂肪が付いた事などによって引き起こされると言われています。

 

また妊娠線の場合には、主に腰周りやお腹、それから胸などに肉割れが生じてしまうため、大きなショックを受けてしまう人もいるようです。

 

出産してから妊娠線に気が付いた場合であっても、専用のクリームなどを使用していく事で、ケアをする事は可能ですので、諦める必要はありません。

 

ただ、胸に出てしまった妊娠線などに関しては、授乳している間はケアのクリームなどを使用するのは避けたほうが良いですね。

 

妊娠中にクリームを使用する場合であっても、出産が近づいてきたら、胸に使用する事は避けてください。

 

また腰周りの肉割れによる妊娠線などは、毎日クリームを塗りながらお腹の成長を保護するための腹帯バンドなどをする事で、多少は軽減する事が可能だと言われています。