乳房 妊娠線

スポンサードサーチ

乳房にできる妊娠線

妊娠線は、皮膚が伸びる部分ならどこでも出来るものです。
ですから、お腹はもちろん、足、腕、そして乳房にも出来ることがあります。
特に、乳房というのは母乳が生成される部分ですから、人によってはものすごく大きくなることがあるでしょう。
しかも、皮下脂肪と違って、自分の努力ではどうにもなりません。
また、急激に乳腺が活発に働いて大きくなってしまうこともあるので、ケアが間に合わないこともあります。
お腹の張りと違い、出産するまでは変わらなかったのに、出産していきなり大きくなったりするのが乳房です。

 

乳房は、赤ちゃんが口にする部分なので、出産後に急にケアを始めるのは難しいと思います。
ですから、乳房に変化があるなしに関わらず、妊娠中に保湿をしっかりしておきましょう。
ある程度柔軟性があれば、乳房が大きくなってもすぐに妊娠線が出来ることはありません。

 

ただ、事前にケアをしていなくて、出産後に妊娠線が出来てしまった場合には、まず胸が必要以上に張らないようにすることが大切です。
母乳は、赤ちゃんが飲む分だけ出てくるものではないのです。
母乳の分泌量が多ければ、飲む飲まないに関わらず、どんどん胸が張ってしまいます。
つまり、乳房の中から皮膚が常に押されている状態が続くのです。
これを放っておいたら、当然妊娠線が出来てしまいます。
ですから、張りを感じたらこまめに搾乳をするようにしましょう。

 

また、同時に赤ちゃんが母乳を飲まないタイミングで、クリームを塗って保湿しましょう。
もちろん、授乳前に乳房をきちんと殺菌すれば、問題はありません。
だけど、この殺菌力のあるウェットティッシュなどは、肌を乾燥させてしまいます。
赤ちゃんに害がなく、保湿効果が高いものでは馬油があるので、こういったものを利用するのもオススメです。

 

本来、乳房は赤ちゃんに母乳を与えるためにあるものです。
だから、あまり神経質になることもありませんし、最初からある程度覚悟をしておくのも必要かもしれません。